Rully 1er Cru Blanc Molesme

Domaine Jean-Baptiste Ponsot Rully 1er Cru Blanc Molesme 2018

ドメーヌ・ジャン・バティスト・ポンソ リュリー・プルミエ・クリュ・ブラン・モレム


心地よいボリュームと綺麗な酸、樽の香ばしい香りが魅力

会員限定:価格情報の確認や購入にはログインが必要です
生産者情報

ジャン・バティスト・ポンソが父ベルナールから土地を譲り受けドメーヌを立ち上げたのは2000年。ジャクソンやデュルイユ・ジャンティアルなどこのアペラシオンを代表する生産者をイメージに描きながら常に高みを目指し、当初から熱心に畑仕事に取り組んできました。世界中から引く手あまたで、現在はブドウが収穫される前にそのほとんどが売れてしまうという状況です。最高のブドウを収穫することを第一に、日々の畑仕事に膨大な時間を費やし、現在は徐々にビオロジック栽培へ転換中。8.5ヘクタールの畑はリュリー最良の丘にあり、3分の2はプルミエ・クリュで占められています。滑らかで香り高いワインはリュリーらしさを良く表しているのみならず、奥深い味わいが備わっています。

About Wine

リュリー村の南西、2.13ヘクタールの畑は1954年からポンソ家が所有するモレムの畑は南東向きのごく緩やかな傾斜の赤い粘土石灰質。古いもので祖父が植えた樹齢約40年のピノ・ノワールとジャン・バティストが2011年に新しく購入した1ヘクタールの区画の1975年以降に植えられたシャルドネが育ちます。赤茶色の粘土石灰質で雨の少ない季節でも保水力があり木がしっかりと育つと言います。                      ピュセルやモンパレなど石灰の割合が高い斜面上方の畑と比べ、粘土質の割合が高いため、よりリッチでボリューム感豊かなものになるため高い人気を誇るワインです。ボリューム感とミネラル、酸の緊張感が全体を引き締めバランスの良い充実した味わい。暑さがキーワードとなった2018でしたがみずみずしい酸を失わず見事なバランスのワインを造ることに成功しました。

栽培・醸造

平均樹齢40年、25%新樽使用

ぶどう品種 シャルドネ100%
サイズ 750ML
タイプ 白ワイン
生産者 Domaine Jean-Baptiste Ponsotドメーヌ・ジャン・バティスト・ポンソ
生産地域 BOURGOGNEブルゴーニュ
会員限定:価格情報の確認や購入にはログインが必要です