Fly to France Set

Fly to France Set

フランス一周の旅セット


標準価格 ¥18,100
/
税込

※予告なくヴィンテージが変更になる場合がございます。
※画像とヴィンテージが異なる場合、タイトルの表記が正しいです。

フランス各地からのおすすめワインのセットです。フランスワインといっても、地方によってその特徴は多様です。それぞれに異なる気候、地形、品種、醸造などから生まれる個性豊かなワインをお楽しみください。この6本でお気に入りの地方、品種を見つけてみてはいかがでしょう。
気軽に海外に行けないこの時期、ワインでフランスを旅してみませんか?

基本送料(ゆうパック)が無料です(北海道・九州・沖縄除く) 。クール便ご希望の方は別途330円頂いております。 夏場(5月~9月末まで)はクール便対応(+330円)のみのお取り扱いとさせて頂きます。

※予告なくヴィンテージが変更になる場合がございます。

ワイン情報

シャトー・ド・リュー ミネルヴォワ・リューサネル


リュー・ミネルヴォワの住民の事を思って作られたワイン

生産者情報

モンターニュ・ノワールの麓、リュー・ミネルヴォワの小さな村に34ヘクタールの畑を所有。一家は1870年以来4世代に渡ってブドウを売り生計を立てていましたが、1998年のエマニュエル・ド・ソースの登場によって大きく変貌します。彼は構造豊かな、質の高いワイン造りに取り組みファーストヴィンテージですでにルヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランスにおいて注目のドメーヌとして掲載されたのです。この辺りは川の名前に由来するラルジャン・ドゥーブル(l'argent double)と呼ばれるテロワールで、ミネルヴォワの中でも最も暑く雨の少ない乾燥した土地として知られ、生み出されるワインはしっかりと熟したフルーツのアロマ豊かでしなやかな骨格が備わります。

About Wine

エマニュエルが生まれ育ち、今もワインを造る場所リュー・ミネルヴォワに住む人々に捧げるキュヴェ、リューサネル。シラーにチャーミングな果実味を添えるサンソーをブレンド。この品種もしっかりと収量を抑えて収穫をするためたっぷりとした個性があります。若々しいフルーティーさが前面に出されており、丁子のアクセント。滑らかなタンニンの心地よい味わい。シャトー・ド・リューよりもチャーミングで親しみやすい凝縮感を持つ、気軽に楽しむことのできるミネルヴォワです。

栽培・醸造

手摘みで丹念に収穫、5日間低温浸漬し、タンクで醸造、翌春にブレンドさせます。

ぶどう品種 シラー80% サンソー20%
サイズ 750ML
タイプ 赤ワイン
生産者 Château de Rieuxシャトー・ド・リュー
生産地域 LANGUEDOC ROUSSILLONラングドック・ルシヨン

ドメーヌ・デュ・グール・ド・ショレ ジゴンダス・キュヴェ・トラディション


1900年から始まり、女性が守り続けるドメーヌ

生産者情報

1900年ウジェーヌ・ボンフィスによりスタートしたジゴンダスのドメーヌ、グール・ド・ショレは以後3世代に渡り女性が守り続けています。所有する畑は全部で10ヘクタール、23の区画はそれぞれテロワールや日当たりが異なる粘土砂質土壌。この多様なテロワールの組み合わせがワインに得も言われぬアロマや奥行きをもたらしています。平均樹齢は55年以上、古いものは100年以上に及びます。果梗や種までしっかりと熟したのを待って収穫、コンクリートタンクで醸造、フードルと呼ばれる大樽で12ヶ月、その後12ヶ月タンクでの熟成を経て瓶詰めされます。テロワールの個性と本来のジゴンダスらしさを追い求め、ピュアな果実味をマスキングしないためにも新樽の使用は必要でないと言い切ります。

About Wine

粘土砂質土壌の柔らかさが手に取るようにわかるジゴンダス。完璧主義のステファニー・フモゾの生みだす女性的な柔らかさもワインの中に感じ取ることができます。石灰土壌から生まれるジゴンダスとは対比的です。2018年は春の雨が続きべと病の被害が心配されました。ビオロジック栽培への転換中という繊細な時期でしたが、ステファニーの息子ポールと栽培責任者ヴァンサンの丹念な手入れにより被害は免れました。暑い夏でしたが、ミクロクリマの影響でじっくりと熟したブドウが豊かな果実感と爽やかさを表現する素晴らしい出来です。

栽培・醸造

手摘みで収穫、選別を厳しく行い除梗はしません。温度管理機能の付いたコンクリートタンクでマセラシオン、アルコール発酵。天然酵母のみを使用し、朝と夜こまめにチェックを繰り返します。発酵は3週間にわたり、ルモンタージュとデレスタージュ(発酵中に液体の部分のみを数時間他のタンクに移し、残った果皮や種がその間空気に触れることにより色素やタンニンがより抽出されるようにする作業)、テイスティングを繰り返します。その後別の樽に移し替え、マロラクティック発酵と澱引きを終え初めてアッサンブラージュされます。熟成はフードルと呼ばれる大樽で12ヶ月間、そしてその後再び12ヶ月間今度はタンクで熟成を経て、瓶詰されます(清澄なし、ノンフィルター)。

ぶどう品種 グルナッシュ・ノワール80% シラー10% ムールヴェードル10%
サイズ 750ML
タイプ 赤ワイン
生産者 Domaine de Gour de Chauléドメーヌ・デュ・グール・ド・ショレ
生産地域 VALLÉE DU RHÔNEヴァレ・デュ・ローヌ

ドメーヌ・モレ・コフィネ ブルゴーニュ・ピノ・ノワール


黒系果実の味わいで、ピノとしてはボディがあるタイプ

生産者情報

ドメーヌ・マルク・モレの息子ミシェルと、ドメーヌ・フェルナン・コフィネの娘ファビエンヌの結婚により誕生したドメーヌです。どちらもシャサーニュ・モンラッシェに拠点を置き何世代にも続く家系を持ちます。現在ドメーヌはミシェルと息子のティボーが運営。所有する畑は9ヘクタール、ここから14のアペラシオンのワインを造ります。

ドメーヌでは2004年からは除草剤を廃止、2015年からはビオロジックとビオディナミによる栽培をスタート、2018ヴィンテージから正式に認証されます。ティボーを突き動かしたのは2009年に生まれたティボーの長女のセレステの存在が大きかったのですが、ベト病が蔓延し多くの生産者がビオを諦めた2016年でも彼は「すべては将来のため」と確固たる覚悟で畑に立ち続けました。ティボーは親しいドメーヌ・バシュレやドメーヌ・モローの友人たちと“BIOMEN”を結成、家畜農家を訪問し原料からよりナチュラルなものを選び抜き調合剤を作っています。醸造、熟成の面でも亜硫酸の添加量を減らし続けており、サン・スフル(亜硫酸無添加)での仕込みにも挑戦中。アンフォラでの熟成も一部に取り入れています。ティボーの仕事ぶりはブルゴーニュの若手生産者の中でも光り輝く存在で多くの愛好家から注目を浴びています。

About Wine

ピュリニー・モンラッシェとの境にある畑で育ったピノ・ノワールを贅沢に使用したブルゴーニュ・ルージュ。香り高くみずみずしい果実味。

モレ・コフィネでは白ワインのフレッシュなアロマと若々しさを表現することを最優先し、ブルゴーニュで伝統的に使われる228リットルの樽と、350リットルの樽をそれぞれのワインに約25%ほど使用、90%のワインは収穫から12か月後に瓶詰を行います。モレ・コフィネの造る赤ワインも定評があり、40-50%の新樽を使用、純粋なピノ・ノワールの果実味が心地よくエレガントでピュア、繊細な味わいを備えています。

ぶどう品種 ピノ・ノワール100%
サイズ 750ML
タイプ 赤ワイン
生産者 Domaine Morey Coffinetドメーヌ・モレ・コフィネ
生産地域 BOURGOGNEブルゴーニュ

シャトー・デュ・ルトゥ オー・メドック・クリュ・ブルジョワ・シャトー・デュ・ルトゥ


カベルネ主体!コスパ最高のフルボディ赤ワイン!

生産者情報

2代目となるエレーヌとフレデリック・スアル夫妻が率いるシャトー・デュ・ルトゥは、今ボルドー・クリュ・ブルジョワの中で最も注目すべきシャトーの一つです。サンジュリアンとマルゴーの間、キューサック・フォール・メドックに34ヘクタールの畑を持ちますが、他の多くのシャトーがメルロの比率を増やすなか、カベルネ・ソーヴィニョンを主体とした力強くしなやかな骨格を造るワインを生み出すことで2008ヴィンテージよりクリュ・ブルジョワに認定されました。素晴らしいワインを生み出す大きな秘訣は綿密な畑仕事によるもの、最高の熟度で収穫した最も素晴らしいブドウのみを使用します。

About Wine

熟したカシスの香りに樽に由来するバニラやクローブのニュアンスがバランスよく、複雑なアロマ。親しみすいながらもクラシックな味わいで、ボルドーらしさを存分に楽しむことができます。定番の仔羊のグリルやウナギの蒲焼など脂質が美味しい食材や、甘いタレとワインのタンニンや凝縮感とバランスが良く楽しめます。

栽培・醸造

雨がちでじめじめとした天候が続きましたが、夏以降の天候に恵まれ終わってみれば秀逸なヴィンテージとなった2016年。メルロは9月末、カベルネ・ソーヴィニョンは10月後半にかけて収穫。機械と手作業で2度の選果、低温浸漬し1ヵ月以上かけて醸造(天然酵母のみ)、33%新樽で12ヶ月間熟成。SO2(亜硫酸塩)添加のタイミングをマロラクティック発酵の後と瓶詰め時の2度に抑えています。

ぶどう品種 カベルネ・ソーヴィニョン71% メルロ23% プティ・ヴェルド6%
サイズ 750ML
タイプ 赤ワイン
生産者 Château du Retoutシャトー・デュ・ルトゥ
生産地域 BORDEAUXボルドー

ブドゥエ・ヴィニュロン ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・クロ・デ・グラン・プリモ


うまみとコクを楽しめるミュスカデ

生産者情報

セーヴル川の右岸、ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌのル・パレの村。2011年からこのアペラシオンのクリュの1つに認定された村の一つで、比較的暖かく早熟な気候、薄い石がちの土壌で根が深くまで伸びやすく、フルーティーかつフローラルなエレガントさが際立つアロマが備わるのが特徴です。1900年代初めから続くドメーヌ・ブドゥエの3代目はミシェル・ブドゥエ。長らくパレの協同組合へブドウを卸していたものの、ビオを始めたことをきっかけに組合を脱し、2014ヴィンテージから100%元詰になります。ミュスカデに必要なフレッシュさを特に重要視し、ブドウの酸化を避けるため収穫後すぐにプレス、タンクのみを用い天然酵母で醸造、シュール・リーで熟成しSO2の添加も低く抑えワインは開けたてから柔らかく開いています。

About Wine

Clos des Grands Primos の名はエチケットにも書かれている1880年の地籍図にすでに見られるこのパーセルの名前で、昔からよいミュスカデを生み出すことで定評がありました。ミシェルによればこの土壌は片麻岩からなる浅い土壌で、大変水はけが良く痩せた土壌で根が張り易いのが特徴。平均樹齢は25年ですが、高い場所と低い場所があり、低くなっている場所には父が1977年に植えたヴィエイユ・ヴィーニュがあります。 柑橘類、リンゴを思わせるふくよかさのなかに、生き生きとした酸、ミネラルの旨味を感じる後味がじんわりと続きます。

栽培・醸造

このワインは若いうちから気軽に楽しんでほしいという思いから約1年間、シュール・リーでの熟成を経て瓶詰めします。

ぶどう品種 ムロン・ド・ブルゴーニュ100%
サイズ 750ML
タイプ 白ワイン
生産者 Bedouet Vigneronブドゥエ・ヴィニュロン
生産地域 VALLÉE DE LA LOIREヴァレ・ド・ラ・ロワール

ドメーヌ・ローヴ アルザス・リースリング・ブルダーバッハ・クロ・デ・フレール


ドメーヌの「顔」はこれ!かつてラベルの修道士が所有

生産者情報

1996年からエティエンヌ・ローヴが運営する、アルザス北端ヴェストーフェン村にあるドメーヌ。アルザスのワイン栽培の中心から離れていながら、彼の一貫した品質とレベルの高さに注目が集まっています。100%ビオディナミで栽培を行い2012ヴィンテージからデメテールによる認証を取得、丹念な畑仕事で得たブドウはカーヴでシンプルかつ丁寧に醸造され、非常にクリーンな味わいでエキス豊かなワインが生まれます。ヴェストーフェンは周囲を森や丘に囲まれた盆地状の地形をなし、温暖かつ乾燥した気候で8月から9月にかけては特に豊富な日照に恵まれブドウが良く熟す理想的な環境。赤や黒のマールやムシェルカルクという石灰化した貝を含んだ石などバラエティーに富む土壌がローヴのワインに多様性と奥行きを与えています。

About Wine

ブルーダーバッハの丘はヴェストーフェン村の北西、南向きの丘でローマ時代からブドウ栽培が行われていた由緒ある場所。ローヴのラベルにあるグラスを持ったおじいさんは弟子たちとともに修道生活を送りながらワインを造っていた隠修士クロース。彼はブルーダーバッハのテロワールの素晴らしさを悟り1260年に初めて栽培とワイン造りに関するルールを作成、品質の向上を図った人物です。その傍ら、クロースは彼の住まいで巡教者に食事とベッドを提供していました。ローヴの区画の中でも特に重要な意味を持つクロ・デ・フレールはローヴのラベルに描かれた13世紀の隠修士クロースとその弟子たちに捧げるワイン。柑橘類を思わせる豊かなフルーツ感と鉱物的な引き締まった味わいが特徴です。

栽培・醸造

手摘みで丹念に収穫、ゆっくり時間をかけて圧搾、天然酵母のみで発酵、クリアな果汁はステンレスタンクで醸造・熟成を経て、ビオディナミカレンダーの花の日に瓶詰します。

ぶどう品種 リースリング100%
サイズ 750ML
タイプ 白ワイン
生産者 Domaine Loewドメーヌ・ローヴ
生産地域 ALSACEアルザス

※予告なくヴィンテージが変更になる場合がございます。
※画像とヴィンテージが異なる場合、タイトルの表記が正しいです。